1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

イケヒコ,い草ラグ,花ござ,カーペット,6畳,国産,かれん,ブルー,江戸間6畳,約261×352cm,#4124806 イケヒコ い草ラグ 花ござ カーペット 6畳 国産 かれん ブルー 江戸間6畳 約261×352cm #4124806 イケヒコ,い草ラグ,花ござ,カーペット,6畳,国産,かれん,ブルー,江戸間6畳,約261×352cm,#4124806 イケヒコ 6畳 約261×352cm 江戸間6畳 かれん 国産 い草ラグ 花ござ ブルー カーペット #4124806 イケヒコ い草ラグ 花ござ カーペット 6畳 国産 かれん ブルー 江戸間6畳 約261×352cm #4124806 イケヒコ 6畳 約261×352cm 江戸間6畳 かれん 国産 い草ラグ 花ござ ブルー カーペット #4124806

イケヒコ い草ラグ 花ござ カーペット 6畳 国産 かれん ブルー 江戸間6畳 約261×352cm #4124806


この商品について

商品の説明

サイズ:261×352cm nbsp;|nbsp; カラー:ブルー

商品紹介

高級感のある花柄のヘリを使用した大目織りの花ござカーペットです。国産(九州産)のい草を使用しています。一本一本が太く、表皮が厚く繊維がキメ細かいので弾力性があり、耐久性に優れています。い草には空気の自然浄化作用、湿度の調節作用などがあります。また汚れにくく、使用するうちに黄金色に変化し味が出ます。い草に青森ヒバ加工を施しています。(抗菌、防臭効果)

Amazonより

●高級感のある花柄のヘリを使用した大目織りの花ござカーペット
●国産のい草を使用している。一本一本が太く、表皮が厚く繊維がキメ細かいので弾力性があり、耐久性に優れている
●い草には空気の自然浄化作用、湿度の調節作用などがある。また汚れにくく、使用するうちに黄金色に変化し味が出る
●青森ヒバ加工を施している。(抗菌、防臭作用)


メーカーより

 

懐かしいモダンな和風アンティークな柄をイメージしたい草ラグ

もっと読む
もっと読む
もっと読む
もっと読む

グリーンカーテンの住人

水が心配!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

まるい卵も切りよで四角、ものも言いよで角が立つ。

「ものも言いよで」には「しぐさ」も大きく影響。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

統計分析で陥る錯覚

データで読む平成期の家族問題:;湯沢雍彦著」世帯数(割合)で1~2人の割合合計では58.3%,同じく生活人員(割合)では34.7%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

梅雨あけ・初蝉・ネッと際

すみません。いつも普通にUPできる画像ができません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/17

茅ヶ崎:えな塚見た

頼朝の子を身もごもった、側室:丹後局は、政子の知る
ところとなり大庭景清のもとに身を隠し、西久保(茅ヶ崎)
男子三郎を出産。
三郎は九州で島津忠久と島津の祖先となった。
三郎のえなを埋めたところに立つ「うな塚」と「掲示板」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

枕草子から二つ

遠くて近いもの
 極楽  舟の道  人の仲
ただ過ぎに過ぐるもの 
 帆かけたる舟  人の齢(よわい)  
    春 夏 秋 冬
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/12

日本の海岸近くの地形

たぶんこんなところが多いのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/21

小散歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/12

| | |

2016/11/07

平成27年国勢調査神奈川県市町村別人口割合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成27年国勢調査人口ピラミッド

| | コメント (0) |

平成27年国勢調査人口ピラミッド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/04

思い込みのチェック方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/09

メール無呼吸の警告と対策

古野まほろ著 光文社新書(2016年3月20日刊)

4大不祥事件:桶川事件・神奈川事件・新潟事件及び

石橋事件それぞれの「事案の概略」を、「腐ったミカン

型(個人)」「腐った果樹園型(組織)」で分析。

「市民としての視点」「警察部内の視点」「元警官として

どう考えるか」で展開。

著者の言:警察という果樹園は「樹海」。(誰も全体像を知らない)

読後感

この本でメディアやネットの流通だけでは得られない

警察事情(組織・職制・階級・権限。・警察文化)がよく

わかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/03

メール無呼吸の警告と対策

元Apple役員のストーン氏は、パソコン作業中をしている時、無意識に呼吸を止める癖のあることに気づき、この現象を「メール無呼吸症候群」と名付けました。
 
http://health-to-you.jp/sleepapnea/pasokonmukokyu55373/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/30

1941年決意なき開戦 現代日本の期限

堀田江理著  2016年8月20日第2刷 人文書院
著者アメリカの高校編入時にクラスメートから
聞かれた「なぜあなたは私たちを真珠湾攻撃
したのか」が動機。
一読してさらに「今の日本と変わらない怖さ」実感。
                          以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対角線ナンプレ

各行・各列・3×の各ブロックだけでなく2本ある
対角線上にも1~9が1つずつしか現れないよう
9×9のマスを埋めていくパズル
手に負えませんでした。

正解は「岩波データgorann サイエンVOL3」ご覧
ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/02

2016年桂の秋

寒川町1の宮緑道(JR相模線支線:西寒川)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年防災の日

寒川町1の宮公園で


これは料理の基本図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/01

世間の渡り方

「日本人と日本の政治」 京極純一著 

1997年4月25日刊 ㈱リブリオ出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/31

人間の生き方モデル

「日本人と日本の政治」 京極純一著 1997年4月25日刊 ㈱リブリオ出版
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

[3.11震災は日本を変えたのか」リチャード・J. ・サミュエルズ 著

2016年3月11日刊 英治出版 426ページ

著者のまとめのまとめ

震災から2年近くたったっが、まだ答えを出すには

早すぎる。この時点で結論できるのは、3.11の主たる

ナラティブ(物語)」は、まだ完成していないということだ。

私の感想;かなり鋭い結論提示があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/27

充足型社会システム2(竹内恒夫教授)


同書108ページより引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充足型社会システム1(竹内恒夫教授)

「地域環境戦略としての充足型社会システムへの転換」

竹内恒夫著(名古屋大学大学院環境学研究科教授)

清水弘文堂書房 2016年4月28日刊

註 :トリクルダウウン

「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴り落ちる(トリクルダウンする)」とする経済理論

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知足・知止・長久 (老子)

ゼロ成長や人口減少が定着しているこれからの日本への

提言

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/22

寒川町の避難勧告2件

http://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/14/14321/ 全ヘッダー表示▼

 

| | | トラックバック (0)

2016/08/16

相模薪能(寒川神社)

終戦記念日に因み、世界の平和を祈念し、昭和45年より始められました。なお演能に先だち、相模薪能奉告祭が今年も昨夕行われました。

戦没者と戦災被害者に黙とうして開幕。

↑寒川神社のHPより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/19

日露戦争史1

半藤一利著 平凡社 2016年4月8日刊行

 本書では明治27年(1894)日清戦争から

明治37年(1904)第3次旅順口閉鎖作戦失敗、

第2軍が遼東半島に上陸開始の5月5日までを

第1巻として新刊。199ページ。

1930年生まれ、東大卒業後文芸春秋以後の

ジャナリズム経験をベースにした文書資料・年表

随所に文学作品・挿話を織り込んで展開。

また第2次大戦時の政府・軍部の対応処理との

比較が慙愧の念をもって叙述されている。

「一段と昭和史をより深く知ることができた」

第2巻が待たれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

邯鄲の歩(荘子)

他人の真似をしたがうまくいかず、自分自身の本来のものを忘れ、どちらもうまくいかなくなること。
「邯鄲」は中国の地名。
中国の戦国時代、燕の田舎の国の青年が趙の都会の邯鄲に行って、都会の人たちの歩き方を真似しようとしたが、それに失敗して今までの自分の歩き方を忘れて、這って帰ったという故事から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/13

障がい者が学び続けるということ:生涯学習を権利として

題名本の著者 田中良三・藤井克徳・藤本文明 編著

新日本出版社 2016年3月30日刊

生涯学習実践は、障がい青年にほぼ共通にみられる

実態から出発しています  田中良三氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/07

震災編集者の5年間の日記レポ

「震災編集者」 土方正志著 河出書房新社

                 2016年2月刊

東北の小さな出版社荒蝦夷の5年間

600km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«論理エンジン

 
301MovedPermanently301MovedPermanentlynginx